新型コロナウイルス感染拡大に関する対応について

お知らせ

NDSインフォス株式会社は、次の取り組みにより感染拡大防止に向けて、万全を期して事業活動に取り組んでいくこととしております。

■企業スタンス
何よりも社員の「健康・安全」を第一とする。

■事業継続等について
お客様や社会的な要請により継続せざるを得ない業務については、下記に示す「新型コロナウイルス感染症への対応ガイドライン」に基づき、感染予防策の徹底による感染リスクの低減を図り、最少要員で事業継続を行うこととし、新型コロナウイルス感染拡大が終息した際、スムーズな事業の再開や雇用の確保ができるよう対応していきます。

◎新型コロナウイルス感染症への対応ガイドライン
◆非常事態体制時における感染予防策
(1)勤務中におけるマスク着用(罹患していた場合の職場での濃厚接触者を最少にするため)
(2)勤務中の会話・打ち合わせ等においてもソーシャルディスタンス(1m以上、できれば2m)を可能な限り確保する
(3)室内喫煙室の原則使用禁止(屋外喫煙所を使用する)
(4)手洗いの徹底と事務所内の定期的な消毒(各自のデスク・PC等や共有使用の複合機やドアノブ等を定期消毒する)
(5)出社前後の検温(微熱であっても発熱がある場合や体調不良を感じる場合は、躊躇することなく自宅療養する)
(6)集合会議および国内外出張の禁止及び延期
(7)来客者制限
(8)事務室内における密閉、密集、密接の回避と定期的な換気

◆通常時の感染予防等の対応
(1)感染予防策(手洗い・うがい・咳エチケット・こまめな給水等)の継続実施
(2)出社前に体温を計測(協力会社含む)し、発熱等症状がある場合は出社しない
(3)混雑を避けるため、公共交通機関通勤者で業務に支障のない場合は時差通勤およびテレワークを実施可能とする
(4)社内集合会議は、必要不可欠な場合を除き開催自粛もしくは映像・電話会議とする
(5)国内出張、講演会・展示会等への参加の自粛(やむを得ない場合は予防策を徹底する)
(6)海外出張については、当面の間、原則禁止とする
(7)不要不急の懇親会、海外・国内旅行、集団感染リスクの高い場所への立ち入りの自粛

以上

関連記事