文書差分抽出ソリューション(e-delta)

システム概要

変更前、変更後の二つの文書を比較し、相違点を抽出して、変更箇所を一覧等に出力します。

システムの特徴

・PDF形式で比較するため、ファイル形式に依存しません。
・多種・多様なソフトに対応しています。
・特定のフォルダに対象ファイルを格納すると、比較処理を自動で実行します。
・社内LANで利用する場合、ユーザー数の制限はありません。
・ページ指定で、比較処理を実行することが可能です。
・対象ファイルのレイアウトによってe-deltaの設定を変更し、特定のエリアのみ差分抽出する事が可能です。

比較結果

動作環境

サーバ CPU Intel Xeon 3.0GHz 以上
メモリ 8GB以上+2GB(Webサーバ用)以上
HDD 7200rpm以上
OS Windows Server2012 R2/2016/2019
クライアント OS Windows 7~10 pro

詳しくはパンフレットをご覧ください。

パンフレット